シアリスジェネリックのメガリスとタダシップの効果

ED治療薬のシアリスには、メガリスやタダシップといったジェネリックが登場しています。

医薬品には新薬とジェネリックという区分があって、ジェネリックというのは新薬に対して後発品とも呼ばれる薬です。
初めて市場に登場する新薬には特許が設定されているので、他の製薬会社が同じ中身の薬を製造することはできない仕組みになっています。
後発品は、特許が切れた新薬と同じ成分の薬を他の製薬メーカーが製造したものです。

シアリスの有効成分はタダラフィルという医薬品で、ジェネリックのメガリス、タダシップも同じくタダラフィルを有効成分として含有します。
同じ有効成分が含まれているので、メガリス、タダシップの効果・効能や使用上の諸注意などは新薬のシアリスと同じです。

では新薬とジェネリックの違いはどこにあるかというと、ジェネリックでは新薬の何分の一といった安価な薬価で流通している点にあります。

ジェネリック薬が安価な理由は、低コストで製造できるからです。
新薬のシアリスは、企画・開発からスタートして実験や治験、臨床検査といったたくさんのプロセスを経てようやく承認に至り医薬品として市場に出回ります。
一方ジェネリック薬のメガリス・タダシップでは、既に内容のわかっている医薬品を造るものなので低コストで製造が可能です。
ジェネリック薬のメガリス・タダシップを利用すれば、シアリスよりもかなり安価で安全性にも問題なく、シアリスと同じ効果が得られます。

シアリスをはじめとした、医薬品を使ってのED治療は、健康保険が適用にならない自費治療です。
自費治療では、費用は全額が患者さんの負担で一般に高額になります。
EDに悩む男性の中には、シアリスを使った治療を経済的な事情で諦めざるを得ないという方も多いはずです。
そういった方も、ジェネリック薬のメガリス・タダシップを使うことで安価でシアリス同様の治療が受けられ経済面のお悩みを解消することができます。

ジェリック医薬品の安全性とは

シアリスのジェネリック医薬品であるメガリスは開発費用を抑えられるため、安価で提供できるのがメリットです。
タダラフィル成分や品質は新薬と同等なので、安心して服用できるわけです。
そもそも、ジェネリック医薬品は国が定める厳しい品質基準の承認を受ける必要があり、新薬と同等の効果と認められて認可されます。
新薬と同等の製造管理や品質管理が行われているからこそ、特許期間が終了した後も発売できるのです。

タダシップも、シアリスと同じ有効成分を含有しており、効き目や安全性も殆ど同じです。
また、飲みやすくするために改良が加えられることもあり、利便性が高まっていると言えます。
添加剤の違いなどで色や形が異なる場合もありますが、基本的に効能は同じです。
新薬は、特許期間中に多用されることで、効き目と安全性が十分確認されています。
一方ジェネリック医薬品は、生物学的同等性試験を経て問題が無いことが確認されています。

副作用は、新薬とジェネリックに関係なく生じる可能性があります。
体調に異変を感じた場合は、速やかに医師又は薬剤師に相談しましょう。
ジェネリックには新薬と異なる添加剤が含まれている場合がありますが、添加剤自体が身体に重大な影響を及ぼすことはありません。
安全性が確認されたものだけが添加されるので、服用に際して問題はありません。
但し、成分に対してアレルギーがある場合は、医師等に相談する必要があります。

日本は社会保障費の増大が課題となっており、中でも医療費は財政の圧迫要因となっています。
そのため、保険制度の維持には低価格な医薬品の普及が不可欠な状況です。
患者の一人ひとりがジェネリックを使うことで、将来の医療費の負担削減が期待されています。