女性用バイアグラのラブグラで性交渉をよりスムーズに

ラブグラは、女性が性交渉を快適にできるようにサポートする目的で開発された医薬品です。
女性用バイアグラとも呼ばれているラブグラは、オーガズム障害や性的興奮障害等の様々な不感症の症状に有効で、膣内を潤わせる効果もあるので性交渉の際の痛みを緩和してくれます。
また、十分に濡れていない状態で性交渉を行おうとすると、挿入だけで痛みを感じることもあります。
そういった苦い体験がトラウマになると触れられるだけでも不快な気分になってしまうことがありますが、痛みに不安を感じていた女性でも安心して性交渉を行うことができるのです。

女性性機能障害・不感症の原因は「病気」や「パートナーへの嫌悪感」といった悩みにあるとされてきました。
実際には過去のトラウマ等による身体的なストレスが引き起こすホルモンバランスの乱れ、PDE-5と呼ばれる酵素の過剰分泌が原因です。
これによって分泌液の欠如や性感刺激ホルモンの低下等を引き起こし、パートナーに好意を持っていても性交渉が気持ちよくないといった症状が現れます。
ラブグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩は、このPDE-5酵素の働きを抑えてcGMPと呼ばれる物質が働きやすくする効果があります。
簡単に言うと、この作用で女性器周辺がリラックスした状態で血流が巡るようになり性的刺激を受けやすくなるのです。

ラブグラの効果的な飲み方は、空腹時に飲むのが最適で、食後に飲む場合には2時間程度空けてから飲むことが望ましいです。
約4~6時間程度効果が持続しますが、常に興奮状態を維持しているわけではなく、性的な興奮が高まった時や刺激を受けた時に効果が発揮されます。
そのため、ラブグラを飲んで興奮状態が治まらなくなったり、生活に支障をきたす心配はありません。
そして、ラブグラの価格は4錠で2000円となっているので、1錠あたり500円ということになります。
女性用バイアグラというだけあって不感症気味だった女性はもちろん、元々感じやすい女性でもさらに強い快感が得られるようになるので、今後ますます人気を集めることになりそうです。

過去のトラウマや性被害で性交渉が苦手になる女性も

パートナーのことを愛していても、いざセックスの時になると体がこわばり受け入れることができなくなってしまうことがあります。
相手のことはとても愛しているし不満もないけど、セックスをしても感じなく、濡れないので挿入時に痛くてセックスがとても怖いといった悩みを抱えている女性は意外に少なくありません。
不感症は身体的な原因でなければ、多くは過去の精神的トラウマや性被害でその後の性交渉が苦手になる場合が多いです。
相手に嫌われたくなかったり、感じないのに無理に演技をしたりということが続けばそれがプレッシャーやストレスになり、かえって感じなくなったり濡れなくなったりします。

過去のセックスで快感よりも痛みが強かったり、運悪く性被害にあってしまった場合は、どんなに相手に対して嫌悪感がなくても、セックス自体にトラウマがあるため、拒否反応が起きているということが多いです。
こういった時は頭では分かっていても、体が勝手にそのような反応になってしまいます。

こういう時は女性用バイアグラのラブグラを試してみるのも一つの手です。
飲み方はセックスをする1時間前に飲むのが効果的になります。
また空腹時に飲むのが最適ですので、もし食事の後に飲む場合は2時間程度空けると良いでしょう。

ラブグラが効き始めると、PDE-5酵素の働きを抑えてcGMPと呼ばれる物質が働きやすくなり女性器周辺の血流が良くなってきて、敏感になりやすくなります。
このことでとても感じやすくなり、分泌液の量も多くなります。
ラブグラの効果でセックスに対しての嫌悪感やトラウマが徐々になくなっていき、セックスに対しての苦手意識がなくなっていくという風になって行きます。
女性用バイアグラのラブグラは価格もそれほど高くなく、購入しやすいのも魅力です。
セックスに対して悩んでいる女性は試してみる価値はあります。