EDと早漏の両方を治療するならスーパーPフォース

スーパーPフォースとはEDの症状を改善し勃起力を高める効果に早漏を防止する効果が付け加えられたジェネリック医薬品となっています。
錠剤1粒に勃起力を高めるシルデナフィルという成分が100ミリグラムと早漏を防止するためのダポキセチンという成分が60ミリグラム配合されているのです。
スーパーカマグラと同じ様に2種類の主成分がスーパーPフォースには配合されていますが効果が継続する時間や服用するのに適している時間はほとんど同じとなります。

シルデナフィルは男性のペニスに働きかけて勃起しやすい状態にしてくれます。
あくまでも勃起しやすい環境が整えられるだけのため性的な興奮や性的な刺激が加わらないと勃起することはありません。
勃起しやすい状態は、およそ4時間から5時間ぐらい持続することができます。
服用してから、およそ30分から1時間ぐらいで効果が出始めるため性交渉を行う予定の1時間くらい前にスーパーPフォースを服用しておくのが良い方法です。

ダポキセチンは身体の中にセロトニンが含まれている濃度を濃くして射精のきっかけになる交感神経の働きを優位にしてくれるノルアドレナリンの働きを抑えてくれます。
この働きによって膣の中にペニスを挿入してピストン運動を繰り返し射精に至るまでにかかる時間が3倍から4倍ほどに延びるとされてるのです。
3分くらいで射精していた方が9分から12分ほど挿入し続けられる様になることが期待できます。

ダポキセチンの早漏を防ぐ効果は、およそ5時間から6時間ぐらい継続可能です。
服用してから約1時間で効果が出始めるため性交渉の約1時間から3時間前に飲んでおくと良いとされているのです。

一見EDの症状と早漏の症状の悩みを同時に抱えている人は、それほど多くないように感じてしまいます。
EDの症状があるとペニスが充分に硬くなりにくいので性交渉のときに勃起させようとして性的な刺激を過度に与えてしまい、すぐ射精してしまうことが少なくありません。
そのためEDと早漏の症状が同時に治療できるスーパーPフォースは頼もしい味方になってくれます。

早漏はオナニーの方法を変えれば改善できることも

早漏に悩んでいる方はダポキセチンとシルデナフィルが配合されたスーパーPフォースやスーパーカマグラを服用する対策が効果的ですが、オナニーの方法を変えることで改善するケースは少なくありません。
治療薬に頼るのは最後の手段として、最初は自己流の早漏改善法を実践してみましょう。

早漏に悩んでいる方はオナニーの頻度が少なすぎるのかもしれません。
例えば3日に1回という方は毎日行なってみると早漏が解消する場合があります。
EDが原因の場合はオナニーで改善することは難しいので、ED治療薬を服用するのが好ましいでしょう。
EDの場合は早漏とは逆に、オナニーの頻度が多すぎて発生することが多いです。
両者の症状が併発している場合はスーパーPフォースやスーパーカマグラなどを服用するのが好ましいですが、早漏だけならオナニーの方法を工夫することで改善できる場合が多いです。

亀頭を露出させることで皮膚化させれば、射精までの時間を延ばすことができるでしょう。
亀頭が粘膜状態だと刺激に対して弱くなるので、1分以内に射精してしまう場合もあります。
3分を下回るようだと性生活に支障が出てきますから、延ばすための工夫が必要でしょう。
普段から亀頭を露出させておいて、衣服と摩擦させておけば感度はほどよく減退するはずです。

感度が高すぎると射精まで早くなり、十分な射精感を得られない可能性があります。
感度が高すぎることで性生活の質を低下させる場合があるので、最低でも3分以上は持続させるような工夫が必要です。
オナニーの頻度は自分で調整していく必要があり、3分以内で射精するようであれば頻度を増やしていきましょう。
セックスの前に射精をしておけば、3分以上をクリアするのは難しくありません。